墓地

お墓の引っ越し

大きな寺

地方から都内へのお墓の引っ越し

地方から都内など、お墓の引っ越しを改葬といいます。改葬の際には、まずはお墓の引っ越し先の霊園選びから始めます。 都内に限らず霊園には公営、民営、寺院の三種類があります。費用が比較的リーズナブルなのは公営霊園ですが、こちらは申し込みは都内在住者のみという条件が設定されていることがほとんどですし、倍率も非常に高いです。 民営霊園は区画が空いていればすぐに購入できますが、元々あるお墓から墓石ごと引っ越すというのは難しくなっています。寺院は民営霊園と似た条件ですが、特定の宗派しか受けれない、あるいは改宗してその寺院の檀家になることを条件にしていることが多々ありますし、都内の寺院ですと地元の人達が優先になる場合もあります。 全国の霊園情報を掲載しているウェブサイトがあり、お墓についての相談ができるコールセンターなども設けられていますので、まずはこうしたものを利用して霊園選びや改葬についてのアドバイスをもらうと良いでしょう。

改葬を考える理由とは

改葬を考える人の多くが、地元にお墓の跡継ぎがいないことを理由に挙げています。 子供が都内で就職して地元に戻ってくるつもりがない、お彼岸などにお墓参りに来る余裕がないといった場合、それならば自分と配偶者のお骨だけでも子供の近くのお墓に、と、考える人は少なくありません。 同じ理由でも、都内の永代供養墓を選ぶ人もいます。永代供養墓とは寺院など霊園・墓地の経営主体が永続的に法要を行うもので、跡継ぎがいなくても供養をしてもらえるというものです。お骨は決まった期間が過ぎると土に還しますが、供養はいつまでも続きます。 子供に負担をかけたくないという思いから、お墓を継ぐことを考えずに済む永代供養墓、あるいは永代供養が付いているお墓のニーズは高まってきています。