墓地

話し合いの大切さ

お参り

遺品整理を依頼する前に

遺品整理を行ってくれる業者は数千と言われています。遺品整理と一口に言っても、現金や通帳といった貴重品をはじめ、想いのつまった品々にかかわる以上、数多くの業者から信頼できる業者を選ぶ必要があります。そのためには、まず遺品をどう整理いたいのかについてご遺族で話し合っておくことも重要です。 遺品には、通帳や貴金属類などの貴重品・写真や手帳などの思い出の品・衣類や布団・家具家電製品・食品類などの種類があります。貴重品はひとまず遺族の手元に戻ることになりますが、思い出の品などそのほかのものは遺族によって取り扱いが異なります。形見として残すのか・処分するのか・売却するのかなど、それぞれの処遇を決めておくことが必要です。これは、遺品整理業者に見積もりを依頼する際に必要な事項となります。

平均的な価格について

遺品整理業者が増えたことで、業界内部でも費用格差が生じているのが現状です。一般的に、遺品整理にかかる費用は、作業員の数・遺品の量・住宅の間取りや広さによって異なります。遺品が多いほど運搬費用がかさむほか、住宅が広い場合はその分対応する場所が増えるため作業員の数が必要です。作業員一名あたりの金額設定が明確なところもあれば、間取りに対し予め作業員数が決めてある業者など様々です。そのため、平均的な費用が難しいのですが、1DKの間取りで作業員2名30000円、運搬費用が60000円程度が目安です。 先述したように、価格差が広がる遺品整理業界では、一時間当たりの作業員単価が数百円という格安業者も登場しています。安いところが必ずしも悪いというわけではありませんが、対応するスタッフの応対や追加費用の発生事由に関しては、依頼前に必ず確認したいポイントです。