墓地

変化するお墓のカタチ

お寺の中

変わりゆくお墓のカタチ

従来からあるお墓のイメージは、墓石を使用し、お墓を建てるというものではないでしょうか。しかし、最近は墓石を使わない永代供養墓が注目を集めています。 最近は、お墓を建てても管理する人がいない単身者や身内に迷惑を掛けたくないと考えている人も多くなり、遺骨を納骨堂に納めるタイプの永代供養墓を希望する人が増えてきているようです。 マンションタイプやロッカータイプなどその形式は様々で、インターネットを利用して、お参りをすることが出来るシステムを備えているところもあります。 生前に購入することが出来るので、自分の希望に合わせたところを選ぶことが出来ます。墓石を使ったものに比べて、安価に購入することが出来ることから、今後はますます利用者が増えると考えられます。

複数のところを比較しましょう

生前に永代供養墓を購入するという場合には、事前に住職を訪れ、信頼することが出来るか否かを確認するようにしましょう。特に、費用については含まれている費用と含まれていない費用とを明確にするようにしましょう。供養の方法についてもあらかじめ確認することでトラブル防止につながります。 永代供養墓には、一人ひとりの遺骨を安置するタイプと他の人と一緒にする合祀するタイプとがあります。一般的には、個別に安置しているタイプであっても、一定の期間経過後には合祀されます。どのくらいの期間で合祀されるのかをあらかじめ確認することをオススメします。 すぐに決定せずに、いくつかのところを比較し、希望に合ったところを選ぶようにしましょう。